本文へスキップ

イラスト・マンガ・デザイン

無料で使える素材もあります。

蛍光色の描き方HEADL

デジタルでイラストを描く場合、蛍光色をよく使う場合が多い感じがします。
僕も蛍光色はけっこう好きなんで、そのやり方を解説しますね。^^

僕が使用しているソフトは「イラストスタジオ」「CLIPスタジオ」「ペインター」「CGillust」ですが、基本的なやり方はどれも同じようなものなんで、とりあえずはイラストスタジオでのやり方を説明します。(^-^*)/


下記イラストで、ホウキの部分と月の部分に蛍光色を使ってるのですが、説明しやすいホウキの部分で解説しますね。^^



蛍光色を出すにはレイヤーを追加する時に合成モードを「加算(発光)」にすれば簡単に蛍光色になるんだけど・・・













より輝きを表現したい時は下地に白で着色しておけばよりいっそう蛍光色の表現が増します。(^-^*)/




こうやって、白で着色しておいてから、先ほどの「加算(発光)」レイヤーに光らせたい色で着色すればより輝きが増した蛍光色になります。




尚、レイヤーモードは追加した後でもレイヤーウインドウから変更できます。


この「通常」という部分が現在のレイヤーモードになります。



後、「加算(発光)」以外でも「加算」「比較(明)」等でも蛍光色を表現できます。
それぞれ少し表現が違うんで自分が表現したいものにあったものを使えばいいと思います。



また、ツールの「覆い焼き」を使っても蛍光色の表現が出来ます。\(o ̄▽ ̄o)/