本文へスキップ

イラスト・マンガ・デザイン

無料で使える素材もあります。

デジ絵ソフトの選び方HEADLINE





デジ絵を描く場合、パソコンとソフトを用意しなきゃ描く事は出来ないです。
パソコンは性能が高ければ良いという目安があるけど、ソフトはそれぞれの特徴があって、これからデジ絵を始めようとしている方にはどれを選べばいいのか悩むところだと思います。

デジ絵用のソフトで有名なものといえば、Photoshop、 Painter 、SAI、CLIP STUDIO PAINT、Illustrator、等が上げられるんじゃないかと思うけど・・・・

簡単にそれぞれの特徴を説明すると
Photoshop 
本来は画像加工ソフトなんだけど、様々なエフェクトが使えるしブラシや素材も色々取り込めるのでこれを使ってイラスト描いてるプロの方も多いみたいです。このソフトの一番の利点は豊富な画像加工機能やエフェクト機能等を使って、まさに「コンピューターグラッフィック」という感じなイラストを描けるとこじゃないかと思う。
Painter
様々なブラシがあり本物のような描き味を再現できるペインティングソフトの最高峰。このソフトは「本物の描き味の再現」が一番の売りで、パレットで混ぜ合わせた絵の具をそのままキャンパスに描けるのはこのソフトだけだ(僕の知る限りでは)し、下地の絵の具との絶妙な混ざり具合は一瞬「本物か?」と思ってしまう時もある。絵画風なイラストを描くには一番適したソフトなんじゃないかなと思います。
SAI
ネットでのダウンロード販売のみながら、安価な値段でしかも使いやすいという事でかなりの数のユーザーが使っているみたいです。そしてユーザーからの声を取り上げて、日々性能の向上を図ってるのが多くのユーザーからの支持を得てるところなんじゃないかな。
CLIP STUDIO PAINT
セルシスのコミックスタジオとイラストスタジオの後継ソフトなんだけど、その2つをを合体させた機能を持ち、イラストから漫画まで描く事ができる。漫画&イラストの機能に加え、3DCG素材、ベクターツール、等の機能もあり、そこに「使いやすさ」と「動作の軽さ」も加わった正に万能ソフト。
Illustrator
ペンタブではなくマウスを使ったベジェ曲線でイラストを描くタイプで、ベクトルグラッフィックソフトの代表格。さらに最新のソフトはそこにPhotoshopのようなエフェクト機能もついてるそうです。このソフトは「ロゴ」や「デザインイラスト」、「ファンシーキャラ」等のデザイン的なものを描くのに最も適したソフトだと思う。

といった感じかな。

それぞれ特徴があるし、利点もそれぞれ違うので(ここにあげたソフト以外も含めて)色々見比べて自分に合ったソフト使えばいいと思うけど、どれが合うかは使ってみなきゃわからない部分があるんで、そこはやはり「体験版」試しに使ってみるのがいいでしょう。

どのソフトも販売元のサイトに行けば無料で使える体験版を提供してるので、まずはそれをダウンロードして試しに使ってみて下さい。

体験版提供場所

※体験版を使うには会員登録(無料)が必要となる場合があります。